トップページ > 家を建てる前に
あなたの人生設計が、間違った方向に行かないために・・・

共働きのご夫婦、小さなお子さんがいる家族、高齢者同居の2世帯家族、家族構成や生活スタイルで、抱える悩みはそれぞれ違うはずです。
あなたの人生に起こりえる様々な問題を、その道のプロフェッショナルによるあなただけの専属アドバイザーになり、
家づくりだけでなく、人生設計までもしっかりサポート。それが「ゆうわ」の仕事です。
イメージ
勉強せずに、勢いで住宅ローンを組んだものの・・・

「頭金・ボーナス払い無し!家賃並みの支払いでマイホームが持てます」と言われ、安心して住みはじめたのだが、実際は・・・

夫の年収/460万円(月収30万円、ボーナス100万円) 家族/4人(夫、妻、子ども2人)

家計の内訳

専門家からの アドバイス

問題点は、毎月、貯金をせずに赤字が発生していることです。
赤字分はボーナスで補填するのでしょうが、お子様2人の教育資金については考えているのでしょうか?
例えば、お子様1人が県立の中学、高校、そして私立文系大学に進学し、
かつ下宿する場合にかかる総費用の概算は約1,700万円です。
またお車の買換えや急な出費はどう対応するのでしょうか?
このような問題を抱えているご家族は、意外に多いのです。
それぞれにあった解決法を、一緒に考えていきましょう。



リビングに「自慢の弓型出窓&カフェカーテン」のはずが、窓の外にはお隣さんの風呂とボイラーが・・・

専門家からの アドバイス

建物の設計は、まず現場の状況を熟知する事。敷地の周辺状況をよく調査してから、
全体の計画を立てていきましょう。(駐車場・玄関・アプローチetc)
その後、各部屋の配置等を決めていくのですが、そこで大切なのは・・・



外壁や瓦の色を、カタログで決めたが、実際に仕上がってみると、イメージしていたものと違っていた!

専門家からの アドバイス

形のないものからイメージを膨らますのは、なかなか大変なことですよネ。
そこで外壁等、色・質感にこだわりたいものは数種類のサンプルを入手し、
建築現場で太陽の光の下で5m以上離れて見比べてみましょう。
また、内装材は室内で壁紙は立てて、床材は床に置いて選びましょう。
そうすれば、実際の仕上がりイメージにかなり近づきます。また、さらに・・・



契約時の価格と、建てた後の最終価格が違うという話しをよく聞くのですが、本当ですか?

専門家からの アドバイス

確かに、こうした話はよく聞きます。
これは、簡単に言えば、「お客様からのヒアリング不足」「契約を急がせる姿勢」の結果だと思います。
そもそも、自由設計の家は「お客様のご要望をカタチにすること」なので、打ち合わせの積み重ねが不可欠です。
その際、お引っ越ししてからの生活もイメージしながらお話し合いを重ねていけば、
“お客様と建築会社との感覚のズレ”はなくなり、
“契約時の価格と最終価格の違い”は、生じにくいはずですが・・・。